懸崖日記

ひげよねの日記。 断崖のわずかな土に根を張る為にやっていること、考えていること。 大学院へ長期入院していましたが、とうとう退院してしまいました。 これからどうするか…。続けること、新しく始めること。いろいろ模索中。

気楽にコメント下さいな。

院生活

前期課程の人は大詰めに

今日もゼミでした。

A先生は、進学相談会の関係もあり、行ったり来たり。
進行を任されました。

今日は3名(内1名は後期課程)でしたが、大きな報告はなかったので、実質2名。
とはいえ、数時間かけてのゼミになりました。

1名は昨年からの院生ですが、大半は書けていて、全体的な構成の見直しに入った。
先日、A先生と話をして、幾つか指摘を受けたことに対して、どのように修正すればいいか迷っている。
まずは、簡単なところの指摘をした。
その後、どのような指摘を受けたのかを説明してもらう。
なるほど…、そういう観点を追記するのか…とわかったが、本人はこれをどう書けばいいかわからない。
わからないから作業が進まない。
という状況。
まずは全体構成を確認して、受けた指摘がどの記載内容に当てはまるかを確認する。
そして、説明の順番としてどう入れていくかを話す。
追記・修正内容について了解してくれたようなので、この後作業は進むだろう。

もう1人は、途中まで書いてきた。
大きな指摘は無く、細かいところの指摘に留まった。
ただ、現時点での進捗としては少々遅い。
まだ、データ確認の作業が残っているらしく、今後ペースを上げないといけない。

後期課程の1人とも話をする。
いろいろ調べているようだけど、いい先行研究が見つかっていないようだ。
ただ、論文をまとめていく上では、そのものズバリではなくても先行研究を見つけないと。
なにかいい文書がないかなぁ。


さて、Aゼミではないのだけれど、昨年から知っている前期課程の人が修論で困っている。
どうも論理的に書けない、ということらしい。
指導教授からもそのように言われて、少し落ち込んでいる。
今年から論文の文章量の規定は緩くなったので多くはない。
なので、少し読んであげることにした。
人の論文を読むのは好きだし、毎年、数人分の修論を確認しているので苦ではないし。
問題は、自分の研究をどうするかだ…。

修論へのコメント開始

こういうことを始めると、年末に近づいてきたと思う。

Aゼミの修士課程院生2人の修士論文の一部に対して、修正例とコメント。
ゼミのMLで流れてきたものだが、これは絶対にA先生がひげよねに見せるために指示したことだ。
まぁ、流れてきたものに対しては見ますが…。

送ってきたのは、先日のゼミを欠席した2人。
確かに進捗状況をはっきりさせる・意識させるためには、途中の内容でも送ってきたほうがいい。

2人とも、記述した一部をファイルとして送ってきた。
大量の記入をしたのと、整える感じで記入したのと、両極端になった。
1人は留学生だから仕方ない。
特に論文を書こうと思ったら、日本語難しいから。

これから年明けまでは、ちょくちょく修士課程院生の論文をチェックすることになるだろう。
先日紙で受け取った1人も加えて3人分。

3人それぞれ異なる内容だし、気分転換するにはいい。

学祭中のゼミ

今日は大学祭期間中。

そんな中、Aゼミを実施。
とは言っても、A先生は所用で不在、院生の参加も2名のみ。
欠席の院生は、進捗報告を論文の書けた部分を送付してきた。
あとで、確認しておかなきゃ。

まぁ、参加者が少ないのは別に問題ではなかった。
問題になったのは、教室が使えないということ。
閉鎖されていた…
学祭期間中だから仕方ないなと思って、鍵を取りに行ったが、全ての教室の鍵がない。
授業は無いし、(無いと思うが)生徒が無断で使うことがあっても困るから、ということかな。
管理のセンターに電話するも、予定が入っていたかわからないから教務に確認して下さいと。

教務課も土曜午後で閉まっているだろうし、研究科事務室だなぁと思ったのだが、3人でのゼミのために教室を開けてもらうのもどうか(確認などで時間を取られるだろうし)と考えて、院生室で行うことにした。
しかし、後期院生室にはしっかり休日返上で出てきている人も居た。
どうするかな?と思ったが、院生室があるフロアのラウンジの机が空いていたので、そこで行うことにする。
(研究科の院生&大学関係者しか入れないフロアなので、まったく騒がしくないし)

落ち着いたところでゼミを始めて、2時間ちょっとで院生への指導は無事終了。

その後、院生室に居た久しぶりに会った後輩としばし話す。
彼の研究でのデータの見方について、気になった点を述べて結果を確認して帰宅。
3連休初日は、まぁまぁの充実度だった。

本日はマンツーマン

本日もA先生は学会出席なので、ゼミを代行。

とはいっても、欠席予定者もいるので、ゼミ生3人の対応予定だった。
ところが、2名欠席の連絡。
ということで、昨年からみている1人の前期課程院生とマンツーマンとなった。

途中、先生から電話があって「申し訳ない」と言われしまった。
ホントに気にされる必要はないのに。

マンツーマンで指導をしたが、指導内容は薄くなってしまった。
まぁ、事前に書いたものを送っておいてと言っておいたのに、送ってこなかったから、その場で軽く見ながら気がついたところを指摘する感じ。
特に多かったのは、書き方。

もともと、理系の人であるため、理系の論文の書き方になっている。
理系と文系では論文の書き方で、共通する部分もあるけど異なっているところもある。
特に先行研究からの引用に関するところ。
ざっくり纏めるのはいいけど、そのまま使用している文章などは、脚注などの記載が必要。
この辺りが特に違和感があるらしい(分かるけど)。

あと、文系でも論文を初めて書く場合に多いのが、どこから引用したかわからなくなってしまうこと。
こればかりは、再チェックしていくしかないが、文量が増えるほど大変になる。
チェックしても大丈夫か心配になってしまう(未だにこれをやってしまう…)。

幸いにして、この方はゼミの中でも1番順調に進捗している。
なので、記載途中となっている章を今の形で書き上げたら、執筆要領に沿ったものに修正するように言っておいた。
その時に、できるだけチェック、記述の修正(自分の言葉に直す)などをするようにと。
で、次の確認時までに、こちらは、もらった紙を読んで、気づき事項は連絡する。

他には、グラフの使用や、その説明の追加などかな。
こちらにも、次までにやることができたけど、これは仕方のないこと。
ま、時間作って読もう。

ARらしい

カテゴリ…、どうしようか迷ったけど、今年度のゼミ参加などについては「院生活」を使うことにする。

今日のAゼミは、先生が学会で不在。
ということで、進行を頼まれました。

ゼミ開始時間前にA先生から電話あり、H先生にARということで申請しておいた。
H先生は「いいんじゃない」だった。
なので、気兼ねなく進めておいて下さいと。

まぁ、今日は欠席者多数で、サクッと進めて終わりました。
今日は、後期院生のWさんの学会報告予行がメインだったのだけど、幾つか確認しながら、ひと通り進められたのではないかと思います。
帰宅してから、一応A先生にはメールで状況報告。

===

Aゼミが終わってから、C先生のところに出向いた。
どうやら後期院生の指導をしているようだったので、部屋に出向いて製本した学位申請論文を渡す。
喜んで頂けて良かった。
その後、Cゼミに参加して、今後の研究に関しても少し話をして、少しの意見を頂いた。
また状況次第で、意見を伺いに行こうかなっと。

明日は少し出かけて、書類作って、少し論文読んで…、できるかな?
無理じゃないかなぁという気がするけど、やることとして認識しておく。
少しずつでも進めなきゃ。
プロフィール

ひげよね

メッセージ

名前
メール
本文
J-CASTニュース
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ