先日の週末、強行軍で帰省してきました。
夜行高速バスを利用して、往復車中泊で3泊2日。
地元到着日は、実家の手入れなどをして、翌日養父母の居る施設へ。

入所のときいろいろあったけど、2人同じ施設で暮らしていました。
しかし、入所した施設では先々までのことを考えると、なかなか手狭で対応が困難。
ということで、昨年夏に別の施設に移っていた(このことブログに書いてないな…)。
移った施設は、デイケアから特養まで行っているところ。
特養に空きがでたらすぐに入れるということで、ショートステイ?に入った。
でも、なかなか空きは出ない。

今の施設に移ってから養父は寝たきりと言っていいような状態になった。
養母は痴呆が少し進んだ。

そうこうしているうちに、女性1人分開いたという話になって、養母だけ昨年末に移った。
もともと2人一緒にという話が、一旦離れることになった。
養父は心労からだろうが、年末に体調を少し崩した。
先日養母に会ってみたところ、養母は養父が同じ施設にいると思っているらしい。
何処に居るのかわからない…と。
元気にしているから、そのうち会えるよと言っておいた。

地元は、福祉関係の施設が不十分な状態ではないと思っている。
それでも、老夫婦が同じ施設に揃って入ることは困難。
この辺り、何とかならないものなのかなぁ…と思う。
そりゃ、大金出して立派な施設に入ることが出来る場合は別だろうが…。

2人には、あと3ヶ月で嬉しい事があるということを伝えた。
2人には子供がいない。
そのため、私が養子になった。
でも、私もいい歳であることは分かっていて、このままだと、自分たちと同じ辛い思いをさせることになると考えていた。
それが一番気がかりなことだったのだろう。
養父は学位を授与されたと報告した時と同じように破顔して喜んでくれた。
養母は痴呆が進んでいて、数分前に話したことを何度も聞いてきたりするが、この件はしっかり記憶に残った様だ。
何度も泣きながら良かった…と。
強く心に残っていたことなんだろうな。

また良い知らせを持っていけるようにしよう。