enchantMOONでプレゼンをするためのシールを作ってみた。
こちら↓
flow.moon.zip

@esmasuiさんが作られたtwitterに投稿するシールを使わせて頂いていますが、これを見た時から考えていたもの。

enchantMOONは思考を助けるノートとして、使用者には関連が分かるけど、他の人に説明するにはひと工夫必要になる。
ハイパーリンクでページ間を結ぶことで、複数のページまたがる内容の説明はできる。
ただ、1ページに収まるような内容を説明するのに、複数のページを使うのもどうかと思う。
特にフローを示すような場合、全体(説明したい領域)が見えるようにしておいた方がいい。

ということで、1ページ内の情報で、簡易プレゼンができるかな(?)的なものを作ってみた。
タップする毎に、表示情報が増えていくというもの。



要は、ページに書かれた内容、シール化された内容を順に表示していくだけです。
最初:ページに書かれた内容
2回目以降:シールの内容
最後:終了

ページ、シールの内容を表示するのは、@esmasuiさんが作られた drawStroke.js を使いました。
あらかじめ、1度に表示するブロックを、シール化しておく必要がありますが、それほど手間では無いのでいいかなっと。
シールが表示される順番は、ページのinfo.jsにstickersとして記載されている順番です。
このシールが途中に入っている場合は、飛ばします。
自分のIDの取得は、@myaa3さんのスタンプシールを参考にしました(そのまま)。

できなかったこと
1:表示順の編集
  ページのinfo.jsは編集できないのであきらめました。
  stickersとして記載される順番は、ページ内で編集された順なので動かすと最後になります。
  シールを少しずつ動かして編集するってことで良いかなと。
2:画像表示
  他のシールに設定されているbackground.pngを表示できなかった。
  なので、ペンで書いた内容のみ表示されます。

まぁ、対して難しいことしてない(表示はdrawStroke.jsを使わせて頂いたし)自己満足のシールですが、もし本当にenchantMOON(MOONPhase)が会議机やホワイトボードに組み込まれるようになった時には、こんな感じのことが出来る必要があるんじゃないかな?と思うのです。