先月の大会で報告した内容による報告論文。

今回は提出を見送りたい旨、A先生にメールした。
ここのところ、どう纏めるか悩んでいたのだ。

もともと、研究部会での報告内容を元にしていて、その報告自体が「今、こんなことをしています。それで、このような結果が出ました。何かご指摘等頂けないでしょうか。」的なものであって、その時の問題意識や仮説などは博論で書いている。
そして大会での報告は、同じ課題を元にして、その研究部会の時の内容から、この点を深堀りしてみたらこんな結果が出ました…というもの。

大会報告時は、元となった課題から報告しているからまだ許されるが、ページ数、文字数、図表数が限定されるこの学会の報告論文で出そうとすると、内容が新規に確認されたところ中心になる。
そこを中心に書こうとすると、どうしても内容が薄く(課題や仮説が不明瞭に)なる感じなのだ。

「こんなんでましたけど~」は、報告は出来ても(して良いというものではない)、さすがに報告論文には出来ない。
出来て、研究ノート。

書きようがある…のだろうけど、締め切りまであと数日で、先生の確認まで含めた作業は無理と判断した。
先生は、研究の調査に出かけてしまうから、実はもっと日がない。

もう少し文字数が多くて、図表数の制限が緩い、別の学会誌への投稿を考えることにする。
ま、そちらも多くの時間があるわけではないけど。
出せるようなら…である。