本日、学位申請論文に関する口頭試問でした。

会社にスーツ姿で出社。
普段着ないスーツ姿で会社にいたので、なんだろう?と思っている人もいたかもしれない。
昔からよく話す同僚には、「サラリーマンっぽい格好してる」と言われてしまった。

会社を早退して大学に。
開始1時間前に院生室に到着。

どうも緊張しているっぽい。
仕方ないけど、なんとか開き直れるように自己コントロール。

20分前に、会議室へ。
指導教授のA先生がすでにいた。

報告者として、お誕生日席に座るように指示される。
うーん、別の場所がいい(^_^;)

学外からの副査としてT先生が到着。
続いてC先生。
最後にこの審査に関して副査となられたH先生が到着。
少し早く、予定よりも5分前に開始。

まずは、研究概要を報告。
その後、質疑応答。
なんとか、開き直って報告と回答ができたかなと思う。
口頭試問の時間は1時間半程度。
他の方と比べて長いのか短いのか…。

院生室に戻って、しばし放心。
ちょっと作業しながらA先生からの連絡を待つ。

そして、

A先生と二人で居酒屋に行って飲んできました。
今日は疲れた。
やらなきゃいけないことは、明日にしようかなぁ…。