なんだ…。
あまり溜め込まずに、吐き出すことは重要だ。

大学は既に春休み期間。
いつもの土曜午前の指導も、ゼミもなし。
(ゼミは、先週の口頭試問で一区切りついたしね)
指導されるために行くというのは、ちょっと一区切りついていた。

だけど、学会費補助の書類を提出するために大学に行った。
書類にはK先生の印が必要だったので、K先生が大学に来られることは事前に確認。

大学に行くと、来月学位取得で卒業予定のSさんが院生室にいた。
まだ、いろいろ大変なようだ。
そんなSさんを捕まえて、ちょっと愚痴ってしまった。
親身に聞いてくれるSさん。
ありがたい。

その後、院生室で少し作業をして、K先生の研究室に承認印をもらいに行く。
K先生には、報告書を軽く見せて意見を頂くとともに、報告書関係であったことを、とりあえず報告しておく。
(裏話的であまり好きではないが、K先生は研究会の統括者であるので)

院生室に戻ろうとしたら、A先生に呼び止められる。
研究会の報告書、学会の報告論文、博論など、A先生とはいろいろ話をしたかったので、ちょうどよかった。
A先生の研究室でいろいろ話をする。
博論に関する副査の先生の件は、もちろんメールの送信先にA先生は入っているので知っていた。
とりあえず、意見は言っておいた。
先生も思うところがあったようで、フォローを考えてくれているようだ。
とりあえず、書かないことには先に進まないので、今度の進め方などの意見交換をさせて頂いた。

今日は、K先生主催の飲み会があったのだけれど、初顔合わせの方もいるかもしれないような場で、愚痴るのは非常に嫌なのだけど、なんとなく愚痴りそうだったので参加は見合わせ。
で、身内を帰りに呼び出し、飲んで帰る(飲み食いは、ほとんどこちら)。

まぁ、無理矢理付き合わされた方もいますが、なんとか吐き出しました。
明日からまた頑張ります。