土曜日のAゼミ。

午後からまず博士課程のメンバーの時間。
ひげよねはC先生のゼミにも出れるけど、A先生が
いつ空くか分からなかったので止めておきました。

今度の土曜日に学会の部会で報告するIさんの報告。
専門でない分野なので、深い突っ込みはできませんが、
それでも幾つか指摘した。
プレゼンって難しいよねぇ。

次の修士課程メンバーのゼミまでの間に先生と少しでも
話ができれば・・・と思ったけれど、Iさんへの指導だけで
休む間がほとんどないまま修士メンバーの指導へ。

結局、終わったのは19時過ぎ。

そこから、場所を変えて、マンツーマンで指導を乞う。
20時前くらいから始めて、終了は23時過ぎ。

中間その2の論文を送付した翌日なので、先生は
論文を読んでいなかった様ですが(そりゃそうだ)、
少し説明するだけでも多くの指摘をもらった。
で、今日からは加筆・修正作業開始。
予備論文提出期限まで時間があまりないけど、足掻きます。

*予備論文の副査の先生
まだ、決まって無いらしいですが、大体・・・ということで話をきく。
本論までの期間、厳しい状況になりそう。。。