本日、メンバーの出席調整をひげよねが行っていたBCSプロジェクトの
メンバーだけのミーティングがありました。

久々に、早々に退勤して大学へ。
欠席の可能性があると言われていた方も出席され、欠席者は2名だけでした。

最初は、送付されてきたデータをプロジェクタで写して内容確認。
うーん、財務・会計的なデータはほとんどない。
まぁ、中小企業だと開示したくないというものあるだろうな。

その後、メンバー各自がどのような分析を行いたいかを確認。
K先生から、1人または複数人での論文は書けるな・・・との発言あり。
纏める、分析が大変そうなのですが・・・。

とりあえず、ひげよねは最初、データそのものより設定されている指標に関して
確認したい(他との比較など)としておいた。
その後、データをみて、何か発見できるかもっと。

これから、毎月1度はミーティングを行い、各メンバーの分析状況・結果などを
共有する予定。
来月の報告者として振られなくて良かった。。。これは予備論文のため?

いきなり報告を振られた方々は、ちょっと当惑気味。
自分の中心とする研究もあるのに大変だ。

さて、送付されてきた元データの入ったCD-ROM。
なぜか、ひげよねが管理することに。
Y先生から、普通に「はい」って渡された
良いのか?
そして、次回ミーティングの日時設定も行うことに。
完全に、先生以外のメンバーの代表か?Nさんが居るのに。。。
ま、しばらくは、ぼちぼちやる感じで良さそうだけど。