ホワイトスペース戦略
-ビジネスモデルの<空白>をねらえ-
Seizing the White Space
- Business Model Innovation for Growth and Renewal -

Mark W. Johnson 著
池村千秋 翻訳
阪急コミュニケーションズ(2011)

white

ホワイトスペース戦略 ビジネスモデルの<空白>をねらえ
クチコミを見る


ずっと積読だった本。
ようやく読了。

内容としては以下のようになっています。

序文
第1部 成長と企業変革を実現する新しいモデル
 第1章 ホワイトスペースとビジネスモデル・イノベーション
 第2章 ビジネスモデルの「四つの箱」
第2部 新しいビジネスモデルが必要なとき
 第3章 内なるホワイトスペース-既存の市場を変革する
 第4章 かなたのホワイトスペース-新しい市場をつくる
 第5章 はざまのホワイトスペース-市場の地殻変動に対処する
第3部 再現性のあるビジネスモデル・イノベーション
 第6章 新しいビジネスモデルを設計する
 第7書 ビジネスモデルを導入する
 第8章 既存企業特有の課題
終章
謝辞

付箋は何枚か貼りました。
しかし、終章までで260頁の本としては少ない枚数です。

読む前から、そんな気はしていたのですが、この本独自の何かというものは
多くないように思います。
経営戦略に関する幾つかの本を読んでいれば、同じようなことを書いていると
感じる部分が多いのではないでしょうか。

本書で良いと思うのは、一貫してビジネスモデル・イノベーションをどのように
行うべきか、ビジネスモデルの「四つの箱」という概念を通して書かれている
ところだと思います。
後は、事例がそれなりに書かれているところでしょうか。

# ただ、事例は成功している事例ばかりです。
# 成功例に共通する要点を抽出しようという試みでしょうけど。