約10日前に修正版の論文を投稿しました。
その査読結果が、本日(2/23)午前中に送付されてきました。

結果は「条件付き掲載可」。
再度、多くの修正を求められました。
指摘事項に関しては、前回書かなかったけど・・・というもの、
多量の加筆が必要なもの、その修正でも説明は難しいです
というもの、先生その指摘おかしいって!と突っ込みたくなる
ものなど、いろいろでした。
ちょっとだけ、自分のダメさ加減が嫌になったりもしました。

しかし、一番大きな問題は、再修正版の提出期限です。
今月中ときました。

加筆・修正を行って、推敲して指導教授の先生に確認を
お願いして、また修正して・・・ということをあと1週間もない
期間で行うということ。

無理です。
無茶をすれば何とかなるかもしれませんが、身体を壊しそうです。

指導教授と電話で話しをした結果、今回の投稿論文に関しては
投稿を取り下げることにしました。
(上記以外の理由もあるのですが、記載はやめておきます)

先生にも言われましたが、査読で指摘された事項は、今後も
注意したいと思います。

あれだけ頑張ってという、やりきれない想いもありますが、
仕方ないかなぁと思います。

ふぅ。。。