修士時代の指導教授が退任されて、別の大学に移られるという
連絡がきた。

正直、驚きました。
特任ということで着任期間は限られているとはいえ、後1年は
居られるものだと思っていたから。

修士論文の指導では、夜遅い時間に研究室にお邪魔して、
研究方針・内容に関してご意見を伺ったりして、ご迷惑を
お掛けしました。
また、細かなところまでご教授頂きました。

博士課程後期課程に進んだのも、修士論文での研究が大きく
影響しています。
その先生が、期間を残して、他校に移られるというのは残念
でもあります。
なんとか、在学中に学位を取りたかった。。。

また機会があったら、是非ご指導頂きたいと思います。
ということで、カテゴリの2つ目を「修論・・・」にしてみました。







さらにビックリだったのが、移られる大学が、大師匠の今いる
大学だったこと。
縁・・・かな。