先月末の学会報告に関する論文投稿をしなければ・・・と焦っている状況ですが、
そんなところに、先日、四苦八苦して最後に投稿した論文に対する回答が来ました。

結果は最悪のReject(却下)ではなく、「加筆修正したもので再審査」でした。

で、添付されてきた先生方の意見を読むと、キツイキツイ。

加筆と言っても、それほど多く記載する訳にはいかないと思いますから、最小限の
加筆と多量の修正で何とか乗り切りたいです。

再審査の期間というものがあって、その期間中に提出しないと「最初の提出と同じ」に
なるらしいです。
まぁ、そんなものだよね。。。と思うのだけど、いろいろ忙しくなってきた。

添付されてきたファイルには、先生が原稿に直接「赤」を入れたPDFも含まれていて、
どひゃ~って感じ。

風邪で喉をやられている身には少々辛いですが、頑張るしかないですね。
しかし・・・データの再取得が必要とされるとは・・・。
(2年分、新たに検索・取得して分類するのか・・・)
(大師匠はデータが最新までないといけないなんてことはない!と断言されてますが)

まずは文章の修正から始めるか。
仮説設定も良くないと指摘されているが、大きな仮説に対応付けたサブ仮説にして
今の仮説を使うことはできるかな???

一度「Reject」を経験している身としては、「再審査してくれるだけありがたい」と思って
頑張るか。


しかし・・・最後に出した論文が、最初にコメント付きで返ってくるってどういうことだ。。。
残りの2本が一度に返ってきたら対応できないかも