今日は、我が校の我が科が母体となった、ビジネスクリエーター研究学会 第6回大会でした。
大会とはいえ、出来たばかりの学会であり、会員数もまだまだのところがありますから、自由
論題6つと、ビジネスプラン・ケースコンペティションという内容で、震災の影響もあり、元々の
予定参加人数よりも少ない参加者だったのではないかと思います。
報告内容はこちらです。
しかし、このような状況だからこそ、学業に関してはできるだけ開催、開始をしてほしいと思います。
参加費は、震災の復興支援の募金に充てるそうです。

今日の学会は、無事(朝寝坊をして焦りましたが)最初から参加しました。
最初こそ人数は少なかったですが、徐々に多くなり最後にはそこそこの参加者が居たのでは
ないかと思います。

先週の日本MOT学会とは異なり、多様な報告があり、様々な視点から物事を見・検討しなければ
いけないということを再認識した日となりました。

元々、震災後、学内の施設はほとんどが使用不可ということになっている状況での開催でしたので
懇親会は無しということになっていたのですが、おそらく、思っていた以上に参加者が多く、様々な
分野で活躍される方、先生方が来られているということから、急遽、学外での懇親会を実施することに
なり、ひげよねと同期のSさんが先導役として皆さんをお連れすることになりました。

懇親会では、ひげよねが始めて北海道で学会発表した時に、お会いした先生(ひげよねの指導教授と
親しい関係にある)であることに気が付き(遅い!)、再会の挨拶をしました。
ひげよねの指導教授とは兄弟みたいなものだと言われ、甥っ子みたいなものだと言われてしまいました。
大師匠の「孫」に加えて「甥」になりました。
懇親会は2次会まであったのですが、そのO先生とはいろいろなことについて話をすることが出来て、
様々な見方があるものだと思った次第です。

また、来年M2になる方、M1として入学される方とも話をすることが出来て、ちょっと先輩としての助言を
してしまいました。(余計なことを・・・)

最後に・・・
指導教授のA先生は、今まで付き合ってきた中で一番酔いが回っていたように思います。
他の方も羽目が外れていたように思います。
震災の影響で先生方は連日、何をどうするという打ち合わせで大変なようです。
震災で大変な状況にある中で、幸せな人間であることは重々承知していますが、いろいろな暗い話題が
多い中での懇親会だったので、許して下さい。

秋には第7回の発表会があると思います。
可能であれば、ひげよねも報告出来たらと思っています。