母校(大学)のゼミで大学院生活の報告。
無事終了。

40分枠のうち、だいたい30分程で終了。
事前用意した資料だけを使用して、修論?の詳細は話さなかった。
 ゼミ先輩なども多く参加していたので、ツッコミが怖かったから?

質疑応答の時間で特に質問はなし。
 ふむ。
 今回のゼミ生は進学はあまり考えていないのかな?
 この春、ひげよねが修了予定の大学院へ来ることを検討している人も
 いると聞いていたが、今日は不参加だった。

その後の親睦会。
来年入学を考えている人も数人居た!
モチベーションを維持して来て欲しいなぁ。
 研究科は違うようだけど、それはそれでOK。

このゼミに入ると大学院の話をよく聞くようになる。
すると、大学院に行こうかなぁという気になっていく。
大学院に入ると、状況を後輩ゼミ生に話す。
後輩ゼミ生も(どの大学にするかは別にして)進学することに興味を持つ。
そして・・・。
先生の作り出したこの流れは見事。
うまく乗せられたている感はあるけど、先生には感謝。