O教授から「OBからの伝言」を書いて・・・ということで、先ほど送付した。

これからの自分への伝言という意味をつけて、ココにも書いておく。

■修論・調査研究の苦労話
 大きな方向性はあったのですが、実際に論文として記述するテーマを
 絞り込むのに苦労しました。
 テーマの絞込みを行った後も、論文の構成をどのようにするかで大変
 悩みました。先生に意見を聞きながら何度か構成を変えました。
 事例研究を行う場合に実際に企業の方に話を聞くだけではなく、事前・
 事後の経営・技術環境の確認をして、テーマに沿った内容に分類して
 いくことに多くの時間を取られました。

■やり残して悔しいこと
 先行研究に関して、もう少し体系的に記載をすべきだったかと思っています。
 仮説設定の章だけでなく、その前の状況確認の章において、どのような先行
 研究がどのように説明しているかを述べた方が良かったと考えています。
 できるだけ具体性を持った今後への提言にしたかったのですが、結果は曖昧な
 内容となってしまいました。

■後輩への論文・研究についてのアドバイス
 少々「研究範囲と異なっている」、「知っている内容だな」と思うような
 論文・文献に関してもできるだけ目を通すことをお勧めします。
 また、できれば読んだ論文・文献に関しては自分なりの「見える化」を
 しておくことをお勧めします。新たな気付きがあると思います。

■ゼミやRBSの想い出
 ゼミでは自分の専門領域以外の話も聞くことになります。それは非常に有意義な
 事です。自分の研究に対して足りない点を気付かせてくれるかもしれません。
 積極的に他のゼミ生・同期の研究を聞くのがいいと思います。
 ゼミ活動・院生室での談笑など、十二分に活用して下さい。
 (私のように院生室で夜を明かす必要はありませんが…)