今日は昼までゆっくりと過ごした。
まぁ、いいだろうっと。

昨日の内に、修士課程のYさんから現状の論文がメールで届いていた。
以前、先生にYさんの状況聞いたり、自分の研究と全く関係の無い分野の
論文を読んでみたい気がするという話をしていたから。

で、今日の午後少しと、夕方以降、Yさんの論文にコメントを入れていた。
自分もこういうところ指摘されるんだろうなぁと思いながら、コメント記入。
この認識は違うぞ、とか、構成を、とか思いながら。

現状としては厳しい状況だ。
仕事が忙しいらしいし。
この冬休み期間中にどこまで、書き込みができるかで決まるでしょう。

あとは、本人が納得できる内容になるのかどうか。

修士だから・・・っていう考えがあることは知っている。
修了させるということには、そのレベルにあるという意味と、見込みがないから
という意味の2つがあることも。
(ギリギリ見込みがある方が、落とされる可能性があるという・・・)
ひげよねの修論のレベルが良かったか?というと、自信は無い。
それでも、ひげよねは、修論を書いていく、参考文献を読みあさる、意見交換する
などなどによって、視界が少し開けた様な気がした。
(そういうもろもろあって、後期に進んでしまった・・・)

できれば、修論を書くということで、何か得るものがあって欲しいと願う。