「iPhoneはキャズムを超えられるか」 という話題が多かったが、最近は、
「iPhoneはキャズムを超えた」 という話になっているようだ。

で、ひげよねは、「超えた」と思うけど「iPhone」だけではないと思うのだ。
「スマートフォン」という市場が「iPhone」という機器を得ることで、ようやく
キャズムを超えたのだと思っている。

「iPhone」だけが市場にあった場合に、キャズムは超えられただろうか?
「android 携帯」、「BlackBerry」、その他 Windows Mobile を使用した携帯、
Willcom や EMOBILE などのキャリアの頑張り、これらの要因が複合した
結果で、キャズムを超えたのだと思う。

でも、ようやく世界標準を考えるようになった程度の、日本のガラパゴス化した
携帯電話市場において、「iPhone」がいつまで勢いを保つことができるかは、
ちょっと興味のあるところです。

普通の(という表現がいいのか分からないが)携帯電話で出来て、スマート
フォンで出来ないことは、それなりにある。
ここが、改善されると、そうとうインパクトのある商品になる気がする。
Felica対応、ナビウォーク対応、ハードキー(テンキー)などなど。

ということで、auさん。
android携帯を来年出すという話がありますが、どこまで上記は入るでしょうか?

てか、2年縛りの携帯電話購入を今年したので、来年、携帯電話買い替えは
しませんけどね