朝、なかなか布団から出れない。。。
まぁ、いつものことですけどね

予定よりも少し遅れて池袋到着。
Echikaで昼食を買って、大学へ向かう。
途中でウーロン茶購入。

大学到着後、院生室に荷物を置いて、直ぐに事務室へ報告書2通を提出。
(奨学金報告書と、年間研究報告書)
年間研究報告書は表紙の様式に若干の漏れがあり、その場で手書きする。
(痛恨の確認ミス

院生室に戻り、PCを立ち上げ、先日ブログで書いた本の付箋を貼ったところの纏めを始める。
途中、買ってきていた昼食を食べて、とりあえず、序章と第Ⅰ部まで。

その後、査読論文を書きながら紀要の内容について考える。
(Wordで3つほど文書開いて、パワポ1つ開きながら、書いて・考えて・書いて・考えて・・・)
これは、もともと同じ要旨をベースにしているからなのだが、やはり査読論文に
ある程度書くことを考えると、紀要の内容がずいぶん被ってしまうことになり、
これはという結論に達する。
で、紀要の方が先に提出になる予定の筈だから、紀要に書く構成を考えることに集中する。
結果、これまで先行研究等で読んできた内容等を踏まえて、博論に繋がる内容に、
(もちろん、査読論文の方も繋がりますが)纏め直す方向に決める。

その後、赤ペン先輩をさせてもらった、M2の方の口頭試問を聴きに行く。
ちょうど、休み時間で指導教授をちょっとだけ捕まえることができたので、紀要内容に
関してこうしたいということを伝えて、「まぁ仕方ないね」との返事を頂く。
ということで、に置いておいた論文などを収めた、少し大きめのファイル2つを
持って帰ることに。(ただでさえ、鞄重いのに、荷物が増えた・・・)

M2の口頭試問は、報告者が結構、頭の中真っ白になっている模様。
副査の先生からの問い詰めに、素直になり過ぎ。
素直に認めるところと、どうしてこうしたのかをちゃんと述べた方が言いと思いながら
聞いていた。(ひげよねは、結構バトルというか、答えていたつもりだからなぁ)
報告前に、アドバイスをと聞かれて、「開き直れ」と言っておいたのに。

その後、同期生でやっている研究会の打ち合わせに参加。
ひげよねは、ほとんど出席出来ていないのに、呼んで頂けて感謝。
打ち合わせ後、雑談。その後、懇親会。

懇親会の最後に指導教授がやってくる。
終盤、先生とひげよねの二人だけ、ちょっと離れてひそひそ話。
まぁ、紀要とか、学会発表とか、査読論文とか、M2の口頭試問とか、いろいろね。

最後に、研究会の主幹事に、先生からアドバイスがあって解散。
というか、みんな居なくなってるよ・・・

さて、帰宅すると、K教授から、学会入会についてのメールがきてた。
入会しなさい・・・と。

ふぅ。
やっぱり、今年はすごく大変そうだ・・・。