今日は、大師匠ゼミでした。
で、報告者はひげよねと、同期Sさん。

まずは、ひげよねから。
報告内容は、昨日提出した来月の学会発表の予稿。
提出してしまった予稿とはいえ、書き方に関してこうした方が良かったとか、
このあたりの説明を報告時にはしっかりした方が良いとか、そういった内容の
指摘を受ける。
どちらについても、今後書くことになる論文や、発表資料に対して参考になる
指摘ばかり。

で、続いて同期Sさんの報告。
こちらは、今度提出する予定のフルペーパー。
なのですが、少々書き方、纏め方に疑問、突っ込みどころがあり、同期Sさんは
年齢的にも様々な経験的にも上なのに、突っ込みを入れまくってしまった。
(大師匠も大変多かったが・・・)
しかし、それが自分にとって、新たな気付きにもなる。

いつも思うことだが、このゼミはいい。
しかも大師匠は細かいことから大雑把なことまで幅広く指摘をしてくれる。
我が校の教授では無いので、ただで指導を受けている感じ。
恩返しのためにも頑張らないとな。

ということで、締切間際(というか通常時間を考えると締切過ぎ?)に、8月の
学会報告を行うことに決め、申し込みをした。
自分を追い込んでるなぁ。。。