懸崖日記

ひげよねの日記。 断崖のわずかな土に根を張る為にやっていること、考えていること。 大学院へ長期入院していましたが、とうとう退院してしまいました。 これからどうするか…。続けること、新しく始めること。いろいろ模索中。

気楽にコメント下さいな。

2013年05月

エナジードリンク

昨日は、普通に午前の指導(電車が遅延して遅刻(T_T)でしたが)、午後のゼミ。
ただ、ゼミが終わった後に、A先生と2人で論文に関する確認&その他もろもろ。
A先生に時間をとって頂けたことで、纏まった感があり感謝。

そして、今日も大学に行きました。

大学に行こうかどうしようか迷っていたのですが、大学の方が集中できるかな?ということで。
(実際は、集中できたような、できなかったような…って感じです)

今日の作業は、参考文献の纏め。
3周目の確認をしている途中で、参考文献の記載があるかなどの確認を行なっていた。
そこで見つかった追記しないといけないものについて、再度確認をしながら追記していった。
これが、結構時間がかかる。
想像以上だった。
帰ってから確認しないと…というものもあって、実はまだ終わっていない。
さて、このあとどうしよう??です。
ちょっとメール書きやその他もあるので、明日にしようかなぁと悩んでます。

今日は、BCSで新たに立ち上げた研究会の会合があったようです。
先輩のYさんがきていました。
それで、差し入れとして「エナジードリンク」を6本頂きましたヽ(`▽´)/
ただし、内2本はビールです。
早速飲もうか思案中(笑)

3周目:確認終了

論文の校正(推敲)の3周目。
読み直しが終了。

いやぁ~、修正量がそこそこある。
2周目の時みたいな大きな修正はないけど、細かいのがそこそこある。
ここへ来て、脱字なんか見つけるとちょっと凹む。

あと、参考文献で追記しなきゃいけないものも、思っていたより多い。
これは、前回、中途半端にしていたことと、加筆した内容によるもの。
学会報告用の資料でまとめたものがあるはずだから、ものすごく大変にはならないだろうが。。。
今度の土日は、加筆・修正で潰れるな。

来週末の提出(予定)に間に合うだろうか?
再来週の平日夜になるかもなぁ。

日本ディスクロージャー研究学会(2013.5)

昨日、今日と福島学院大学で行われた、日本ディスクロージャー研究学会に参加してきました。
報告者ではありません。

今回の大会は、「リスク」をどう捉えるか、扱うかを中心とした、ざまざまな報告が行われた。
非常に面白い内容ばかりだった。
いろいろな視点での話を聞くことは、それだけで刺激になる。

自分の研究は何か役に立つことがあるのか。
考えさせられる。

まだまだ、学ぶことは多い。
多くて気が滅入るという感じではなく、どうすれば…とか考えるいい刺激。

こういうことが面白いと感じられるから、この世界に留まっているのだろう。

医者の説明責任

養母が入院したことを以前書いたが、2週間後に退院したことは書いてなかった。
入院の知らせを受けた時に、「2週間程度様子を見てからその後を決める」と聞いていたので、「思っていたより悪くはなかったのかな」と考えていた。
その後、実母から連絡なかったし。

今日、別件で電話で話を聞いた。

入院していた病院、ダメダメです。
その場にいたら、絶対、医者に文句言ってたと思う。

養母は完治していた訳ではなかった。
年老いているし、完治していないとしても、痛みが引いているとか何かあればいい。
でも、そうではなかった。

養母は少々痴呆である。
それが関係しているのかもしれないが、入院で急に環境が変わった事によって、夜中にベットから起き出したりしたらしい(徘徊はしていないらしい)。
その他の事(単に安静にしているだけで、医療費(病院の儲け)は少ない)もあって、たぶん、面倒見てられないということだったのだろう。
実母が退院の時に先生に話を聞きに行ったら、「(養母の)様子を見られたでしょ。あれ以上でもあれ以下でもありません。」的なことを言ったらしい。
実母としてみれば、「どういうことか、さっぱりわからない」。
状況(症状)を聞いても、碌な説明をしなかったらしい。
(たぶん)施設への連絡書にも大したことは書いてないみたい。

「なんだそれは?」である。
まず、医者としての説明責任を果たしていない。
そして、自分の病院で面倒見ることが困難と考えたのであれば、早々に家族に知らせるべきである。
中途半端な状況で施設に戻った結果、施設の人はまた苦労しているらしい。
大変申し訳ない。
(早くに戻ったことで、入院中に進行した痴呆は改善したらしいが。)
なにか大きな問題が起こったら、どうしてくれる!?って感じです。

3周目でも…

3周目に入っています。
参考文献のチェックも同時に行なってます。

2周目が終わって、少し気が抜けていたのですが、今日から少しノリが戻って来ました。

で、校正なのですが、いくつか修正点を見つけてしまいました。

何回読み返したら、修正点がなくなるのでしょう。
きっと、読み返すたびに修正点は出てくるのでしょうね。

せめて、てにをは、誤字脱字、などは無くなって欲しいものです。

(提出目標の日まで)後2週間ちょっと。
頑張ります。
プロフィール

ひげよね

メッセージ

名前
メール
本文
J-CASTニュース
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ