懸崖日記

ひげよねの日記。 断崖のわずかな土に根を張る為にやっていること、考えていること。 大学院へ長期入院していましたが、とうとう退院してしまいました。 これからどうするか…。続けること、新しく始めること。いろいろ模索中。

気楽にコメント下さいな。

2013年03月

纏めに入ります

事例検証の3つ目を送付。
まだまだ校正があまいので、多分誤字脱字は多いだろう。
でも、とりあえず送付。
先生方、申し訳ありません。

事例検証の3つを送付したことで、ようやく纏めに入ります。
正確には、検証纏め+補章+全体纏め なので、書くことはそこそこあります。
一気書きはできなくはないですが、いつも通り「できるだけ早く…」ですね。

すでに、140ページを超えています。
(改ページで空白の部分もそれなりにありますが)

あとどれくらい増えるかな。
随分削ったはずなのに、結果としては当初よりも相当量増えてます。

明日からもうひと踏ん張り!



ーーー
学会への報告論文。
A先生から返信がない。
一応、再度連絡だけはしておいた。
このまま郵送することになりそうだ。

早くも桜は散りはじめ・・・

所用ついでに、大学に行った。
日曜日なので、人は少ない。
後期課程の院生室にひとり。
まぁ、いつものことか。

ラウンジにも人はいない。
夕方前に何人かいたが、直にいなくなったみたいだ。
(それぞれの院生室に入っただけかもしれないけど)

今日は、集中力が良くなかった。
進みが良かったとは言えない。
まぁ、なんとかなりそうな感じを作っただけ。
明後日には事例検証その3を送付しないと。。。
予定からどんどん遅れている。

学会誌への報告論文。
今週中に送付しないといけないのに、今日になってようやくA先生に確認依頼。
これも遅い。
Abstractは、修正しなきゃいけない。

今年、桜の開花が早い。
もう満開で、大学の桜は花が散りはじめていた。
完全に散って、葉桜になるまでに、どこまで終わらせられるかな。



明日は卒業式。
お祝いに駆けつけたいが、仕事の関係で多分行けない。
時間だけはかかるはずだから。

予稿集USBメモリ

今日は、日本MOT学会の第4回年次研究発表会に参加してきました。

博論の副査であるC先生が報告される予定だったのですが、急遽キャンセルされてました。
残念。

芝浦工業大学で開催されたのですが、田町駅に着いて思わずCICに行きそうになった。
第1回の大会はCICで行われたのと、CICで研究会を行っていたから。

芝浦工大に着いて、受付を済ませると予稿集が貰える(学会員のみ)。
昨年のものも置いてあったので頂く。
昨年の予稿集は冊子。今年はUSBメモリだった。

確かに冊子を作るより安くすむだろう。
でも、PCを持ってきてない人はどうすれば良いのだろう?
報告タイトルだけは分かるので、タイトルだけでどの報告を聞くか決める?
面白そうなタイトルの報告が重なっていたら?

まぁ、PCを持って行っていたから、特に問題はなかったけれど、中には持ってきていない先生も居る訳で…。
やっぱり、冊子が欲しいと思う。




USBメモリの容量は4GB。
確認していないけれど、ずいぶん容量は余っていると思う。
逆にもっと少ない容量のメモリの方が、大量入手は困難になっているのかもな。
(でも、今日の参加者数だと十分入手できるような)

Abstractその2

英訳はどうしても悩む。

能動的、簡潔に短めの文章で書く。
これくらいは、分かっているが、表現が正しいのか困ってしまう。

で、いろいろ調べていたら、こんな記事があった。
英語論文作成のチェックポイント集(例文、文例、書き方)
http://www.geocities.jp/kusumotokeiji/eigo7.htm

工学博士の先生が書かれたもの。
非常によく纏められていると思います。
今後も参考にしよう。

で、昨日書いたものから修正したけど…。
誰かに確認をお願いしなきゃ…。

Abstract

A先生にチェックしてもらわないといけない学会の報告論文。
期限が近づいてきた。
ということで、仕上げにかかる。

問題は…、Abstract

今回から英文での要旨を書かなければならなくなった。
英語が苦手なので、非常に時間がかかる。
あきれるほど、かかる。
提出をやめようかと思ってしまうほどである。

とはいえ、ここまで書いたのだから…と頑張ることに。
(先生には提出予定と言ってあるし)

書いてみたが、どうも気に入らない。
修正が必要だな。
はぁ。


博論書きが止まってしまった。。。
プロフィール

ひげよね

メッセージ

名前
メール
本文
J-CASTニュース
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ