懸崖日記

ひげよねの日記。 断崖のわずかな土に根を張る為にやっていること、考えていること。 大学院へ長期入院していましたが、とうとう退院してしまいました。 これからどうするか…。続けること、新しく始めること。いろいろ模索中。

気楽にコメント下さいな。

2012年06月

書き直し&データ処理追加?

今日(昨日)の土曜午前の後期課程集合ゼミ(通称?)で、8月上旬に
学会報告に関しての確認をして頂いた。

質問には答えられたものの・・・

予稿の下書きとして書いたものは「書き直し」の指示。

ゼミ終了後に同期のOさんと話をして、追加的なデータ分析を行った方が
説明力が上がることがわかる。





予稿下書きに関しては、疲れピークの時の夜中に急いで書いたものなので
仕方ないと思いつつ、最低限の修正で乗り切れないかなぁ・・・と思ったり。
しっかり疲れを取って、明日、再度見直し・加筆・修正を行おう。

で、データ分析。
これまで使用したことのない分析(統計処理)手法だが、少し頑張ることで
今回の報告で、追加的に言いたいことが明確になるかも。
やってみる価値はあると思うので、少々調べて試してみる予定。




あ、あと、もう1つ予稿を書かなきゃ。

資料作成は続くよ

8月上旬に学会報告予定の資料は、大体できてきたかな?という感じ。

だけど、すぐに9月初めの学会報告に向けての資料作成を始めなければ。

事前に司会、コメンテーターの先生方に資料を送付しなければならない。
たぶん、学会の大会事務局にも。

予稿は結構早めに提出しなければならない。
パワポ資料はある程度の期間を持って先生方に。

両学会報告ともに予備論文で記載したor今後の研究結果を記載とした
内容だから、博論に結びつくから良いのだけど、予備論文を提出して
少しだけ休んだだけで、また睡眠時間が短い生活が続いている。
(ずいぶん身体が慣れてきたような感じだけど、疲れは溜まっているだろう)

ま、何とかやっていけるだろう。

しかし、

ここにきて、学会の趣旨というか・・・、そういうものに合わせるとすると
実は8月と9月のそれぞれの報告内容を逆にした方が纏めやすいような
気がしている。

とはいえ、今から内容を変える訳にはいかないので、ある程度、趣旨に
沿った感じに纏めなければ。

K先生、H先生、A先生、C先生などなどからアドバイスを貰おう。
(Y先生からもかな・・・)

この道に進み始めたからには、こんな感じは続くのかな。

掲載可

投稿し直した論文が、学会誌に掲載されることが決まった。

ふー、これで、博論を提出することが可能となる最低ラインは確保できた。

もう1本出しているものも、なんとかならないかなぁ。

という状況は嬉しいが、今は学会報告に向けての纏めでいっぱいいっぱい。

もうすぐ、終わりが見えそうだが、気を抜いた時がやばいんだよな。

データ処理一区切り・・・かな?

データ処理は、とりあえず、ここまででいいだろう。
ということにしておく。

あとは、文章にする作業(予稿用)。

これは明日、明後日、頑張ることにする。

ここ数日、疲れが出ている。
すでに遅い時間だが、もう寝ることにします。

おやすみなさい。

確認作業

学会報告および予備論文で未記入の研究内容だが、データ分析の
前提条件とした数値(幾つかの事柄から予想した値)が、結果として
ほぼ正しいと言っても良いのでは?ということになった。
分析の結果が示す値がほぼ同じということ。
これは、良かったこと。

でも、視覚化によって、動向が分かりやすくなるという点については、
今ひとつという結果。
うーん。
データをカテゴリ分けして、それぞれの変化を見たら何か示せるかな?
やってみないと分からないけれど、それほど明確には出てこないように
思えるなぁ。
とりあえず、やってみるけど。
まぁ、変化していることがはっきり分かる部分もあるので、良しとするか…。


しかし、昨夜、終わったと思っていた処理で、「間違い発見!」となった時は
どうしようかと思った。
10年分程度やり直しか・・・と
一晩寝て、改めて良く見ると、勘違いだったことが分かって、ホッとした。
でも、細かいミスは幾つか発見。
目視確認はできるだけしない方がいいな。
プロフィール

ひげよね

メッセージ

名前
メール
本文
J-CASTニュース
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ