懸崖日記

ひげよねの日記。 断崖のわずかな土に根を張る為にやっていること、考えていること。 大学院へ長期入院していましたが、とうとう退院してしまいました。 これからどうするか…。続けること、新しく始めること。いろいろ模索中。

気楽にコメント下さいな。

2012年06月

書くのが先か、分析が先か

いや、迷うのは変ですね。

ちゃんと分析して結果を導いてから報告内容を書くのが普通。
今回も、この順序で行うつもり。

だけど、報告要旨を書く上での必要最低限のデータ分析は既に行っているつもり。
なので、タイトルの様にちょっと迷ってます。

報告要旨の提出は締切があるし。

やっぱり、並行作業かなぁ。

ようやく1つ

要旨(というか、予稿?違いは何だ?)をようやく1つ纏めました。
8月初めの学会報告分。
早々にA先生に確認のお願い。
時間がなくて、大変申し訳ない。。。

PPTの方は追って纏めるとして、次は9月初めの学会報告分の予稿書き。
締切まで、1ヶ月弱あるけど、あっという間に締切日は来るだろう。

気を緩めず、作業を進めなければ。

他のやることが、どんどん抜けている気がする。
いろいろ気を配らねば。

纏め直しがなかなか進まない

学会報告の司会とコメンテーターの先生方への要旨を書いている。

先週の土曜午前にK先生、H先生などに見てもらったものを基に。

どこか、「これまで報告している内容からだからわかっているだろう」
という思いがあったのだろう。

初めての先生方へ送付する内容としては、しっかり説明された内容に
しておかなければ・・・と思うと、ダメなところが目につく。

こんな内容で、先週土曜に先生方に見てもらっていたのかと反省。

で、大幅な加筆・修正をしているが、なかなか進まない。

文章量の指定が無いとはいえ、冗長に同じことを書いても仕方ないので
ある程度に纏める予定。

うー、明日には、A先生に確認の送付をしたい。。。

そうじゃなくて。

副査の先生が話をしたいと言っているらしい。

話をさせてもらう機会を持った方が良いかなぁと思っていたので、
話をする機会を設定すること自体は問題ない。

ただ、どうやら、将来予測をしようとしていると読んだらしい。

いや、違いますから!

そんな、予測なんて出来ないし、それをするのは経営者です。

将来を考える経営者の手助けをするために、現在の状況を判断する
手法を提示しているに過ぎませんから!

うーん。
わかってもらえるかなぁ。

ちょっと心配だ。

よくわからん(生存分析)

とりあえず、今、扱っているデータに関しては、要因、説明変数の定義は
行わないので、Kaplan-Meyer推定量の算出で良いと思っている。

しかし、どのようにデータを定義すればいいのか・・・。

これで良いだろうと思ったデータでの解析結果は何か変。

うーん。

打ち切りの設定が変なのかなぁ。

SPSSを使っているが、やっぱりRの方が良いか?
いやいや、そんなに大きな差があるとは思えない。
きっと、データ設定に問題があるのだろう。

なんとかならないものか。

誰か教えて下さい~。
って、こんな内容じゃ教えるも何もできないよね。。。










結果はちゃんと出たみたい。
(打ち切りの設定の問題だったようだ)
だけど、結果をどう判断すればいいのかわからん。
livedoor プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文
J-CASTニュース
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ