懸崖日記

ひげよねの日記。 断崖のわずかな土に根を張る為にやっていること、考えていること。 大学院へ長期入院していましたが、とうとう退院してしまいました。 これからどうするか…。続けること、新しく始めること。いろいろ模索中。

気楽にコメント下さいな。

2012年02月

不幸中の幸いかな・・・

まだ粘って論文修正をしてしまった。
そして、査読の先生方のコメントに対する修正内容等を纏めていたら
もうこんな時間。

毎日、よくやるなぁ。。。

でも、今日は修正をしていて良かったです。

これまで、とあることに関して認識していた内容が間違っていたことに
気がついたから。
何となく、気になって詳細に調べていたら・・・おいおいこの文章じゃ
認識違いと指摘されるぞ!ということが分かった。
早速、「余計なことは書かない」ということで削除。



そして気が付いた。



先日、記載が認められた論文でも同様な書き方をしている個所があったはず
出版の校正作業で確認要求が来るはずだから、少し削除しよう。

調査不足を痛感。
今後、こういうことが無いように気をつけようと思う。

論文修正の期間が重なった運の悪さが逆に良かったということ。
不幸中の幸いって、こういうこと?

締切間際のドタバタ

毎回の事である。
今更、タイトルにする程の事でも無い。

今日、夜に先生と電話で指導を受けました。
その修正でこんな時間。
まぁ、仕方ないです。
できが悪いので。

で、また、バッサリ削除しました。
残したい気分はあるのですが、文脈的に唐突な感じがある個所なので
仕方ないと思います。
先生もその辺分かっていて、どうやって入れるかなぁ・・・という感じでした。
最後は、ひげよねの判断。
博論書きの時には入れることを考えますが、今回の論文では削除。です。
(博論でも”繋ぎ”みたいな感じでの挿入になるだろうな)

しかし・・・最初に査読に出した文章・構成から変わり過ぎ。
再査読論文として受理してもらえるだろうか。。。
「新規投稿」になる可能性があるなぁ。

くしゃみ

夕方からくしゃみをよくする様になった。
(今日、映画「TIME」を観に行ったが、観ている最中はくしゃみが出なくて良かった)

ひげよねは花粉症ではない筈である。
しかし、花粉症はいつ症状が出始めるか分からない。
田舎育ちだから大丈夫という訳でもない(らしい)。
とうとう、現代人に成れたのだろうか?

それとも、いろいろと言われているのだろうか?
映画を見ている最中に、A先生から電話があった。
もちろん出られなかったのだが、その後、こちらから掛けても繋がらない。
お願いしている論文チェックで言いたいことが山のようにあるのかもしれない。
だから、くしゃみが止まらないとか。

うーん。。。

からっぽ

今日は、よく寝た。

そして、論文に関することは一切やっていない。

おかげで、このところの疲れは取れた。

こんな日があってもいいだろう。

明日も、多くの時間は論文関係に使わない予定。

少しはやると思うが、論文というより、研究の継続だな。
次の報告&博論用にやっておかないといけないデータ処理があるので。

2種類のデータの用意&分析。
多分、分析まではできないな。
14年分なので、データを分類して用意するだけでいっぱいだろう。

でも、今日はからっぽ。
データ処理や論文用のフォルダに追加されたものは何1つない。

提出祝い・・・が・・・

博士糧後期課程、同じAゼミに一緒に進学したKさんが本日、製本した
博士の学位取得の最終審査用の論文を提出した。
A先生も、その最終審査用に指導教授として提出しなければいけない
書類を提出されたらしい。
後は、大学として博士号を取得させるかどうかの審査のみ。

ということで、これまでの苦労を労う(本番は学位取得後ですが)会を、
A先生とKさんとひげよねの3人だけで行った。

A先生が探してくれていた宮崎産の美味しい鶏肉を食べさせてくれるお店で、
まったりと、4時間以上、なんだかんだ、いろいろなことを話して過ごした。

でも、(3人で飲み食いするときは大抵そうだが)これまでの事を話すよりも
これからの事を話すことの方が多い。

今後どうして行くか。
研究を進める環境や活動などなど。
きっとこれからも、この集まり(とか、大師匠含めた会など)は、そういうことを
話す場になるのだろう。

と、いうことで、話はひげよねの状況にも及ぶ。
とにかく頑張りましょうと。
もちろん、頑張らないつもりなんてないですよ~。

提出祝いのつもりだったのに、いつの間にか激励される側に回ってたよ。
プロフィール

ひげよね

メッセージ

名前
メール
本文
J-CASTニュース
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ