懸崖日記

ひげよねの日記。 断崖のわずかな土に根を張る為にやっていること、考えていること。 大学院へ長期入院していましたが、とうとう退院してしまいました。 これからどうするか…。続けること、新しく始めること。いろいろ模索中。

気楽にコメント下さいな。

2012年01月

反動でストップ

先々週末は帰省した。
先週末(昨日)は身内の実家に伺った。
義妹が甥っ子を生んだこともあり、年賀の御挨拶もかねて。

ということで、日曜は完全休養とは2週連続できなかった。

土曜日に大学の院生室で一区切りつくところまで頑張った
安心感が少々あるのは事実。

結果、昨日は疲れで寝てしまい、今日もいまいち。

早めに先生に送付しないとダメだと分かっているのに、どうも
頭と手が動きませぬ。
(この日記は書いているのに・・・)

おっと、別件の用事がきた・・・。

頑張ったよ(でもまだまだ)

今日、大学に行って報告書を提出してから少し遅い昼食。
その昼食時に、同期入院で来年度修了を目指している
Sさんと話をした。

Sさんは堅実に進めている。
見習わなければ・・・。

さて、ひげよねは、博論を書き始めるためにも今やるべき
論文修正を進めなければならない。

査読報告書を読み、少しずつ少しずつだけど、考えながら
加筆・修正を進めて行く。

次々と同期、後輩が入ってきては帰っていく中、夜の9時まで
院生室で頑張ってしまった。
最後の1人。

でも・・・なかなか進まないものだ。
書き進められた量は、ページ数で言うとほんの数ページ。
それでもなんとか一区切りつくところまで。

しかし、5日の日曜からしばらく大学には入れない。
ということは、A先生に指導して頂くためには来週早々に最初の
修正を終えて送付しないと。
昨日まで考えていた予定よりも前倒しして作業を進めないとダメ。
あぅぅ。

今日は通学して正解

今朝はゆっくりしてました。
(地震があって少々「大丈夫か?」ってなりましたが)

このところの疲れで、今日は大学に行くのをやめて
休んでしまおうかと思ったのですが、頑張って起きて
(いつもに比べると)少々遅めの通学。

(通学)定期券の期限がそろそろ切れそうだったので
大学の最寄り駅で更新手続きをする。

さて、大学の院生室に行くと数人既にいた。
で、話をして思い出した。

今月末が今年度の研究報告書&奨学金の報告書の
期限だったこと。
先日、D1の後輩に忠告&フォーマットを教えたのに
自分が忘れていた

まぁ、準備していたのでそれほど慌てることは無かったが、
印刷に時間がかかる。
無事、研究科事務室に提出・受理してもらって終了。
これだけでも、今日、大学に行った意味があった。

もう1つ、今日大学に行って良かったこと。
受験期間のため、来週日曜から10日間ほど大学に入れない
ということを確認できたこと。
これは、ちょっと困ったことなのだが。。。

後は明日 :P

昨日、校正作業で"大したことないや"と思っていた作業で、
思いのほか時間を取られてしまい、論文修正をほとんど
することができないままに時間が過ぎ、気がつけば4時前。

もちろん、今日も仕事はある。
短い時間で深く眠って会社へ。
何とか、昼休みの仮眠?だけで乗り切れた。
(夕方、頭が回らなくなってきてましたが)

帰宅後は、ぼーっとTVを見たり、頭を使わない単純なゲーム
をしたり、少々目を閉じ寝てみたりして、頭・身体を休める。

そうすると不思議なことに、(もともと、ひげよねは夜型だから)
12時前から少しずつやる気が出て、少しだけど査読結果で
指摘された内容を加筆することができた。

明日は、できれば午前中から大学に行って集中して修正を
するつもりでいる。
だけど、午前中から出かけられるかどうか。
なんとなく、昨日の頑張りが明日、出そうな気がするから。

でも、頑張らないと終わりは見えてこないしな。
途中で止まってしまっている研究も進めないといけないし。
明日はもっと加筆・修正できるといいなぁ。

がーん、大修正・・・

昨年12月初めに投稿した論文の査読結果が返ってきました。
例の約1/3程度を削り、図表などを使用しない形で書いたもの。

査読結果は、査読継続。
つまり、
修正版を出してね。
それを読んで載せるか載せないか決めるよ。
あ、もしかすると再度修正をお願いするかもしれないからね。
ってことです。

編集の先生からは、加筆・修正で文量が多くなっても構わないとの
内容がメールに書かれていた。

で、査読報告書には多くの指摘事項が
説明・定義・図表が足りない
論文としてのダメだしの多いこと多いこと。
この論文に関してはそんなに多くの指摘は来ないだろうと、何となく
考えていたので、ちょっと大きな衝撃が・・・。

しかも、現時点では研究ノートとするか、研究論文とするかなって。
(掲載不可の可能性も十分にある)
ということは、削った1/3の量を加筆するって感じだな。
(元に戻せばいいということではない)

多くの修正を入れながら、削った図表をどの程度入れるか。
考えることは多い。

しかも、あまり時間が無いよって。
頑張るしかない。

優先順位を考えよう。
修正はこの論文を入れて3本。
校正中が1本。

ということで、今日は校正中のものを早々に確認し、欲しいと連絡を受けた
情報やファイルを送付する。
(とりあえず、次の確認まで時間を作った。)

修正論文の1つは先生に送付済み。
(これも時間があまりないけれど、返信待ちで置いておこう)

修正中の論文は締切が今回のよりも後だから、優先順位を下げよう。

よし、明日からは、この論文の構成の再検討&加筆・修正だ。

寝る
livedoor プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文
J-CASTニュース
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ