懸崖日記

ひげよねの日記。 断崖のわずかな土に根を張る為にやっていること、考えていること。 大学院へ長期入院していましたが、とうとう退院してしまいました。 これからどうするか…。続けること、新しく始めること。いろいろ模索中。

気楽にコメント下さいな。

2011年12月

頑張れなかったので、年賀状

今日は、論文修正・・・ざっくり削って、ざっくり追記をするつもりだった。

はい。

よく寝ました。
寝過ぎで眠いくらいです。

それでも・・・と机に向かって、PCを立ち上げて、Wordでファイルを開いて
ちょこちょこと始めました。

夕方、ちょっと買出しに出た時に、年賀状のことを思い出した。
やばい。
何もしていない。
あわてて、近くのコンビニにあった、無地の年賀状を買い占め。

帰宅後、食事をしてからは・・・年賀状印刷。
一言も書いていたら、あっという間にこんな時間。
(タイトルとしては「年賀状を頑張った」の方がいいかな?)

あぁ、今日もこれまで。
もう、明日、「こっそり」しかないな。。。

気合を入れないと

さて、いい加減、論文修正に気合を入れないと。

先ほど(と言っても、2,3時間前だが)、師匠から電話あり。

いろいろ付き合いが大変そうで、飲みの後の様だ。
先生の話しぶりから、酔っているのがわかる。

で、年末までに会う機会ができそうだ。

と、いうことは・・・それまでに、修正を終わらせておかなければ。
(いや、以前からそのつもりでしたけど)

明日はクリスマス~(盛り上がるのはイブだけど)。
でも、明日は論文修正の作業をするつもり~。

ふぅ。
頑張れるか!?

ワイン

クリスマスということで?

身内に連れられて、ワイン会に行ってきました。
小さなお店貸切で大勢の人が集まってのワイン会。
人がいっぱいです。
ENIMAGE1324725122264.jpg


白3杯、赤3杯を飲みました。
スパークリングまでは手を出せなかった。

ちょっと食べるものが少なかったので、帰宅前に松屋によって弁当購入。
帰宅後、食事。
ようやく落ち着いた。

でも、まぁ、12/24に大勢集まるものだなぁ。。。

Sony Tablet S で らくデジ&LDT-1SA01

天皇誕生日が23日で金曜日なので3連休。
うれしい。

今日は、たっぷりと身体を休めることができました。
なぜか、今週は疲れていたのです。
寝てる時間が多くて、やるべきことがほとんどできませんでしたが、
それでも良いか・・・と思っています。
休めるときにちゃんと休まないと。

で、仏教徒だろうが何だろうが、日本人はXmasが好き。
ということで、身内にもちゃんと渡しました。

で、ひげよねには、リクエストしていたものをくれました。
111223_2158~01

LogitecのAndroidタブレット用のワンセグチューナー。
USB接続でワンセグ放送が見れるようになるものです。

もちろん、レコーダーで録画したものをタブレットで再生することは、
デフォルトで出来ますが、ひげよねは、あまり録画をしないので。
(見れなかったら、諦めてしまうタイプなのです)

上記の写真だと大きさが分からないかもしれないので、もう1枚。
111223_2159~01

(今度はタブレットの大きさが分からないかな?)

チューナーの大きさ分かりますかね?
非常にコンパクトに納まっています。
(取説に「使用しません」と書かれたスイッチが2つと、microUSBの口が
あるのが、非常に気になるところですが・・・)

必要とするアプリは、マーケットからダウンロード(もちろん無料)。
インストール後、接続するとアプリが立ちあがって直ぐに見れます。
もちろん本格的にはまだ使っていませんが、録画もできる(予約は×)ので
ちょっとした使い方には非常に良いかと。
タブレットの大きな画面で見れるのも良い。
(荒くなるのはワンセグだから仕方がない)

また、タブレットの使用目的が増えた。
プレゼントありがとう。

経営戦略の教科書

経営戦略の教科書

遠藤 功  著
光文社 (2011)
1110-201x300

経営戦略の教科書 (光文社新書)
クチコミを見る


早稲田大学のビジネススクールで教鞭を取られている遠藤先生の本。
学生満足度No.1の講義内容を纏めたものらしい。

内容としては以下のようになっています。

はじめに
講義1 経営戦略とは何か
講義2 「ゲームのルール」を理解する
講義3 グローバル競争と経営戦略
講義4 「選択と集中」という考え方
講義5 戦略代替案の考え方
講義6 リーダーの戦略
講義7 チャレンジャーの戦略
講義8 ニッチャーの戦略
講義9 経営戦略とは「仮説」にすぎない
講義10 成長と経営戦略
講義11 M&Aと経営戦略
講義12 現場起点で経営戦略を立案する
講義13 起業と経営戦略
講義14 経営戦略の実現性
講義15 破壊と創造
補講1 「資源ベースアプローチ」という考え方
補講2 「残存者利益」という考え方
補講3 フレームワークに使われるな
おわりに

さて、読んで思ったことですが・・・。

まぁ、220~230頁程で上記のように15講義分+αが書かれている新書と
いうことで分かると思いますが、1つ1つに関しては内容は薄いです。
それぞれに、例となるケースの概略が書かれているので、この点は良いと
思えるかな。

軽く読めるので、経営学をまったく学んだことのない方にとっては良いかも
しれませんが、少々かじったことのある方には物足りないと感じるかな。

内容的にも、確かにビジネススクールでも扱うこと、教えられることでは
ありますが、本書内の説明は学部レベルかもしれません。
学部生用の教科書としては良いのかも・・・と。

入門書として書かれているのだと思います。

本屋に置かれていて、タイトルに惹かれて買いましたが、それほどの時間を
要することも無く、さーっと読めました。
プロフィール

ひげよね

メッセージ

名前
メール
本文
J-CASTニュース
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ