懸崖日記

ひげよねの日記。 断崖のわずかな土に根を張る為にやっていること、考えていること。 大学院へ長期入院していましたが、とうとう退院してしまいました。 これからどうするか…。続けること、新しく始めること。いろいろ模索中。

気楽にコメント下さいな。

2010年03月

徹夜明けの学会発表

結局、資料作成で徹夜になってしまったのだが、ちゃんと学会には出席し
発表もしてきました。

最寄り駅で「強強打破」を購入し飲みましたが

今日の学会は午後からで、様々な大学のサテライトキャンパスが入っている
建物で行われたのですが、場所は、専門系大学・大学院で使用する教室なので
狭かったです。(少人数学習を前提としているので)

発表者以外の方々もそこそこ来られていて、先生方を含めると最初の基調講演のときは、
もう、部屋いっぱいに人が居るという状況でした。

その後、各セッションが行われたのですが、半分冗談だと思っていた、今の
大学院に入院する前に通っていた大学の先輩(年齢的にはほぼ同世代)が
やってきました。

まぁ、ひげよねの発表を聞くだけでなく、その先輩が通っていた大学院の関係者
(先生、院生)が多数来られていた為というのもあるのですが。

ひげよねの発表は、これまで行ったの発表の中で、一番ダメだった気がします。
ほとんど、ぶっつけ状態だったのが敗因です。
(大師匠ゼミで見てもらった内容からそこそこ変えてしまったので)

さらに、何人、ひげよねの発表時に教室にいるか(というか、どのくらいの人数が)
この学会発表に参加されるのかわからなかったので、すこし少なめに用意して
しまったために資料が足りないという状態に・・・

発表の最初が、「申し訳ありません」から始まりました・・・。

今回の学会発表は、ひげよねが自分で強引にスケジューリングしたものです。
指導教授にはもちろん相談しましたが、特別、発表日程を組む必要は無かった
かもしれないのですが、ちょっと強引に。

というのも、専門家集団がどのような反応をしめすか(いまいちな反応を予想)、
何か新しい刺激や、専門の先生から教えを頂けるか?ということで。

先輩が来られたことは、そういう面では良くて、先生や博士号を取れそうな方と
話をするきっかけを作ってくれました。感謝。

ある先生からは、研究の方向性というか方法というかを話すことができて、っと
なると同時に、どうすればそういう方向のことができるか早速考え始めた自分がいた。

貴重な刺激の学会でした。


あと、嬉しかったこと1つ。
セッション終了後、ある方(その方も博士後期課程の院生)に、資料を送って
くださいと言われたこと。
面白かったとも言ってくれて嬉しかった

徹夜だよ・・・

雨の中、歩き回ったせいかどうかはわからないが、昨日、体調を崩しました。
(なので、ブログも書かなかったのですが)

体調を崩したということは、あと少し、もう少しの学会発表用資料を仕上げる
ことができなかったということで、まだ、体調は万全じゃないけれど、頑張って
昨夜から始めたら・・・。

あ、ここはこういうデータで見せるのがいいや!とか、構成的に変かな?とか
ちょこちょこ出てきて、結局直したりしていたらこんな時間。

あぁ、今日、発表なんですが、大丈夫でしょうか?

ま、持ち時間は短いので何とかなると思っておこう。

強強打破でも買って飲むかな。

ワンストップサービスってさ

ブログが2日間空いてしまいました

確かにハローワークに頻繁に行かれる方々に比べて、恵まれている状況に
あるのだと思う。
ハローワークでの生活保護やなにやらの手続きを、1箇所でできるようにする
ことに反対なんて言わない。
むしろ、すべきでしょう。
今まで、しなかった方がおかしいんだ。

空白の1日目。
とある手続きに関して区役所に行く。
区役所の中だけでもさまざまな課、担当に分かれていて、まずどこに行って
いいのかわからない。

うろうろした挙句、結局、受付の人に聞く。

エレベーターで数階上がったところにある「健康課」と言われて行くと、ここ
(区役所)じゃないと言われる。
え?
入り口付近にある「福祉」関係のところかと思ったのに、場所自体が違うとは。
で、「保健センター」という施設だと教えられ、そこに向かって雨の中歩いていく。
地図をコピーしてもらっていたから、少々迷った程度で済んだけど、わかりにくい
建物だなぁと思いながら入っていく。

施設の人は丁寧で、一緒に申請できる手続きなどに関しても教えてくれて、
助かったのは事実。

だけどさぁ・・・
以前は社会保険事務所、今回は保健センター。
敷地面積の問題などいろいろあるとは思うのだけど、同じような事柄に関する
申請手続きをあちこちでしなきゃならないのは何とかならないのか?

しかも、点在してるしさぁ。
何とかならないものかねぇ。
ハローワークだけでなく、いろいろな面でワンストップサービスの実現を検討
して欲しいと切に願う。

できない

昨日のブログで、
「残り期間、体調に気をつけながら、きちんと纏め直そう」
と書いておきながら・・・

なんだか、今日はできません。

なので、サッサとあきらめてしまいました。
寝ます。

明日、明後日で勝負

時間・期間・目標

全てに納得のいくものを書けるとは思っていない。
研究というものは次々現れて、広がったり、方向を変えたり。
だから、はくろんを書き上げるということも一つの通過点だろう。

どういった通過点になるのかは、そのとき、その後になってみないと
わからないところがあるけれど。

一つの通過点に過ぎないとしても、今のひげよねにとっては、大きな
目標であることに違いは無い。

そして、「いつまでに」ということに関しても、最初から目標を立てている。
最低期間で。

それが、どれだけ大変なことかは、今現在、よくわかる。
先生が冗談で9年というのもよくわかるのだ。
実際、最低期間で書き上げることができるかわからない。
不安だらけだ。
同期のKさんと話をしても、お互い「時間が無い」は共通。

それでも、目標を設定しておかないといけない。
この「研究」という行為は、基本的には一人で行うものであるから、なおさら
必要になると思う。

今日は、大師匠ゼミでした。
今回もひげよねの報告はあり。
今回は、査読論文として提出するものと、学会発表時の配布資料に関して。
学会発表資料の構成や情報に対するご意見はありがたく、時間が多く無い
けれど、加筆・修正はする。もちろんだ。

ただ・・・

残念ながら、この数日の頑張りをしても、あと一歩及ばず、学会発表の1つの
検証結果に関する資料がまとめきれずに、今日の報告を行った。
これは、目標に対する自己管理のあまさ。
反省です。
(2つのことを、同時並行的に進めたこと。どう纏めるかに非常に悩んだことが
大きな理由ではあるが、これは言い訳だよね)

残り期間、体調に気をつけながら、きちんと纏め直そう。

プロフィール

ひげよね

メッセージ

名前
メール
本文
J-CASTニュース
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ