懸崖日記

ひげよねの日記。 断崖のわずかな土に根を張る為にやっていること、考えていること。 大学院へ長期入院していましたが、とうとう退院してしまいました。 これからどうするか…。続けること、新しく始めること。いろいろ模索中。

気楽にコメント下さいな。

2009年12月

纏めるか、読むか

先日のゼミ終了後の食事の時、同期のKさんと話をしていて、出てきた先生の本。
昨日、amazonで買ってしまいました。

今日、会社の昼休みにふっと思い出し、ちゃんと読んでないなぁと思った古典
とも言える本。
先ほど、amazonで買ってしまいました。

えっと・・・。
積読?

最近、本を読む時間が短くなってきてるしなぁ。。。
でも、参考文献には絶対になるなぁ。

それに、置き場をどうするか。

休み中は、これまでの纏めをするつもりだったけど、全部できるわけではない
だろうし、こりゃ困った。

勉強してこい

愚痴です。
マネジャーじゃない奴のたわごとです。



今日、会社の友人が席で、メールの返信に困っていた。
何とか大人な対応をしようと、文章を書いて消して、書いて消して・・・。

返信に困っているなんて知らなかったから、ひげよねは、業務に行き詰まって、
気分転換に彼の席に行った。

内容は一部のマネジャー系の方々がCcに入っているものであったが、それほど
機密性が高い内容ではない(というか知られて困るような内容ではない)ので、
友人はメールの内容を、ひげよねに見せてくれた。

はい。
はっきり言って、何がしたくて彼にメールをしてきているの?と聞きたくなる内容。
そりゃ、彼も困る。

会社の新しい事業に向けて、会社の強みを計測とかなんとか言っている。
そんなもの、取り上げている1つの業務だけを見ても意味無いでしょ?
これまで、彼らは様々な業務に関して、計測をして、蓄積して、報告までしてる。
知らなかったとは言わせないよ。
それらを、あなたたちは見て、足りないと思っているの?
思っているなら、何が足りないかはっきり述べなさい。

強みになるかどうか・・・ということを聞くなら、担当が違うし、強みにするか
どうかは、経営陣であるあなたたちが決めることだ。
現在の強みかどうかは、1方向からだけでは無く、様々な方向から見なさい。
もし、強みを認識できているのなら、弱みも認識できているはずですよ。
そこに、外部環境の分析をどの程度するかで、SWOT分析くらいできるでしょ。
もしかして、2×2のSWOTを見てる?
3×3のSWOTで考えなさい。
まず、そこからだ。
まだまだ、分析は続くよ?

勉強してこい。


先日の大師匠ゼミで、大師匠が雑談の中で言われたことを思い出した。
実務家と研究者の感覚の違い。
いや、そんなレベルの話じゃない気がする。。。

赤ペン先輩(3)

今日は昼までゆっくりと過ごした。
まぁ、いいだろうっと。

昨日の内に、修士課程のYさんから現状の論文がメールで届いていた。
以前、先生にYさんの状況聞いたり、自分の研究と全く関係の無い分野の
論文を読んでみたい気がするという話をしていたから。

で、今日の午後少しと、夕方以降、Yさんの論文にコメントを入れていた。
自分もこういうところ指摘されるんだろうなぁと思いながら、コメント記入。
この認識は違うぞ、とか、構成を、とか思いながら。

現状としては厳しい状況だ。
仕事が忙しいらしいし。
この冬休み期間中にどこまで、書き込みができるかで決まるでしょう。

あとは、本人が納得できる内容になるのかどうか。

修士だから・・・っていう考えがあることは知っている。
修了させるということには、そのレベルにあるという意味と、見込みがないから
という意味の2つがあることも。
(ギリギリ見込みがある方が、落とされる可能性があるという・・・)
ひげよねの修論のレベルが良かったか?というと、自信は無い。
それでも、ひげよねは、修論を書いていく、参考文献を読みあさる、意見交換する
などなどによって、視界が少し開けた様な気がした。
(そういうもろもろあって、後期に進んでしまった・・・)

できれば、修論を書くということで、何か得るものがあって欲しいと願う。

忘年会と新年会

ひげよねの指導教授のA先生は、会が好きらしい。
(まぁ、以前から知ってたけど・・・)

今日の大師匠ゼミの後の食事のとき(大師匠は帰宅)、忘年会はいつに
しようか?といきなり言われた。
その場にいた、3人の院生はちょっとビックリ。
今日、この場が、忘年会の変わりになると思ってたので・・・。
そして、忘年会の日が決まる。

そして、年始に大師匠のご自宅に、皆で年始の挨拶に行くことになった。
まぁ、今年からだけど、お世話になっているので行くことは問題ない。
いやぁ、お世話になっている人への年始の挨拶って始めてかも。
で、挨拶が終わった後は、新年会と・・・。

むぅ。
先生と過ごす時間が多いなぁ。

という不思議なところ

皆そうなのか、ひげよねだけがそうなのか、に行くとやる気が出る。
バリバリすごく・・・という訳ではないけれど、今週に入ってから、いまいち
やる気が出ずにデータ処理を進めることができなかったのに、今日の午後
後期院生室でデータ処理を始めることができた。
始めただけで、ほとんど進んではいないけれど、まず一歩は踏み出すことが
出来たように思う。

修士課程で修論を悩んでいた時もそうだった。
前期院生室に行って、皆の頑張りをみていると、自分も頑張れた。

後期課程では、一人、自分の研究内容に黙々と進めることになる。
後期院生室は、活気に満ちているわけではない。
(どちらかというと、人が少なくさみしいくらい。うるさくないのはいいけど)
それでも、なぜか、踏み出すことができた。
明日から数日やってみて、23日の休日には、来春の学会に報告するか
決めよう。(そこまでに、先が見えるかどうかは疑問だけど

さて、本日は大師匠ゼミ。
Sさんが報告をして、それに対してディスカッション。
ひげよねは、専門外(ひげよねの専門って何?)なので、なかなか突っ込んだ
意見を言うことはできなかったけれど、約1時間半程度があっという間に過ぎた。
って・・・、ゼミって・・・、不思議だ。

プロフィール

ひげよね

メッセージ

名前
メール
本文
「J-CASTニュース」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ