懸崖日記

ひげよねの日記。 断崖のわずかな土に根を張る為にやっていること、考えていること。 大学院へ長期入院していましたが、とうとう退院してしまいました。 これからどうするか…。続けること、新しく始めること。いろいろ模索中。

気楽にコメント下さいな。

2009年12月

ダメな弟子

30分ほど前に先生にメールを送付。
来春の大会での報告をどうするかという件。
もっと早く連絡するつもりだったのに。

ホントに直前に、しかも夜中にメールするなんて、ダメな弟子だ。

研究も進んでないしさぁ・・・。

何か良い手は無いか・・・。
模索が続く。


ダメなケータイ・・・大丈夫だってさ

起動しなくなって、ショップに持って行ったbiblioくん。
ショップでも動かなかったし、データの読み出しもできなかった。

で、メーカー?での検査結果。
異常なし。
ちゃんと起動します。
データも読みだせます。
電池も問題ありません。

念のため、電源回路だけ、もう一度交換しておきました。
市販の充電器を使ってるそうですが、それとの相性の問題かも。
(使ってるのは、会社にいる間に電池が減ったときだけだよ・・・)
それとともに原因究明を・・・。

どれくらいかかりますか?
1ヶ月くらい。
・・・それまで、ショップの古い、反応の悪い、データの無いケータイを
使い続けろと?
はっきり、ショップの方に「嫌です」と答えた。

でさ、電源回路の交換で、なぜFelicaチップまで交換になってるの?
Edy残高の復活には、こちらからビットワレットに連絡が必要。
あー面倒だ。

で、市販の充電器がダメかもって言われたので、ショップで充電器
買いました。
これで、また動かなくなったら・・・。

とうひこうどう

A先生すいません
今日、研究を進めるつもりでしたが、本を読むことに費やしてしまいました。
期限がすぐそこまで迫ってきているというのに。

明日、最終決断をして、ご連絡します。





と、こんなところで、懺悔しても仕方ないのだけど。。。

[新訳]科学的管理法(The Principles of Scientific Management)

|新訳|科学的管理法
 マネジメントの原点

フレデリック W.テイラー (著), 有賀 裕子 (翻訳)

ダイヤモンド社 (2009/11/28)



フレデリック W.テイラー が、1911年に著した本の新訳本です。
今更・・・という声もあるかもしれませんが、古典としてしっかり読んで
おかなくてはならないかなと思い、先日発売された本を読みました。

科学的管理法に関しては、読む前のひげよねも含めて、一般に誤解が多く
あるように思う。
一番大きいのは、「人を機械のように扱う」という考え的なもの。

しかし、読んでみると、それは間違っていることに気がつく。
「人間観察」「人間理解」が根底にあるのだ。
そのため、適材適所で、従業員の豊かさと、雇用主の繁栄を作り出すための
システムを作ろうとしている。
そのために、適材でない人の配置換えなども仕方ないという立場を取っているが、
それは現在の企業も同じだろう。

確かに、19世紀から20世紀にかけての研究であるから、いくらアメリカで
研究された内容と言っても、現在と社会環境は大きく異なる。
ただ、今ある様々な「論」は、この科学的管理法の焼き直しではないか?とも
思ってしまう点が、所々あった。

例えば、マネジャーと従業員が共に相互理解、共栄、自主性の発揮を求めて
いるという点は、現在のHRMにも通じる点があると思う。
働き手1人ひとりをよく知り、各自にふさわしい処遇と協力体制を構築することが
大切であり、集団の中の一員としてしか見ないのはマネジャーとして失格だと
言っている。

例えば、作業の分析によって、どのようにすれば効率が良くなるか、質が良く
なるかなどは、まるで、トヨタのカイゼン活動ではないか。

また、消費者が最終顧客であることを忘れていけないことも、しっかり述べられている。

実際、読んで良かったと思う。

考える技術・書く技術

考える技術・書く技術
―問題解決力を伸ばすピラミッド原則

バーバラ ミント (著), Barbara Minto (原著), 山崎 康司 (翻訳),
グロービスマネジメントインスティテュート

ダイヤモンド社; 新版版 (1999/03)



M2の時に読んだ本です。
ひげよねは、文章構成に関する考え方に関して、この本の影響は受けている。
Oゼミで全員読んだ本。

本の構成としては、順番変えた方がいいんじゃない?と突っ込みたくなる点も
あります(あれ?)。
たぶん翻訳の問題だと思うのですがね。

で、なぜ今、この本をブログに書いているかというと、赤ペン先輩をやってみて、
構成をしっかり考える・・・章・節・項と3段構造で考えるときに必要なこと、
読み手に伝えるための技術(纏め方)が重要だと改めて思ったから。



ブログの文章がいい加減になっていることは、笑って許して~。

プロフィール

ひげよね

メッセージ

名前
メール
本文
J-CASTニュース
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ