懸崖日記

ひげよねの日記。 断崖のわずかな土に根を張る為にやっていること、考えていること。 大学院へ長期入院していましたが、とうとう退院してしまいました。 これからどうするか…。続けること、新しく始めること。いろいろ模索中。

気楽にコメント下さいな。

2009年04月

無理なのか?

書いておこう。

今日の初会合で、やはり、ひげよねのしたいと思っていることは、非常に
難しいであろうということを言われた(と考えていい状況)。

ライフワークとして(つまり、非常に時間をかけながら)研究していくなら
可能かもしれないが、後期課程の限られた年数の中で、それを明らかに
するのは無理ではないかと。

直球勝負ではなく変化球、特攻ではなく外堀を埋めていくという研究を
することによって、それに近づいていくことが、一つの手ではないかと。

今日、お会いした一人の方は、ひげよねのしたいことに、少々近いことを
されているらしいのだが、大変な苦労をされていて今後どうなるか・・・。
その方には次回、時間をとって話を聞きたいとお願いするつもりだけれど。

目先の研究計画は変えないとしても、時間をかけ過ぎずに絞込みを
しないといけないのは確かだろうな。
昨日もK先生から『大変だね』と言われたし・・・。

Aゼミin青学

本日(昨日)は日曜。
でも、勉学には曜日は関係ないのです。。。ホント

指導頂いているA准教授の師匠である、青山学院大学のA教授のゼミに
参加してきました。
青学の後期課程のAゼミに我がAゼミが参加したということです。
というか、これから毎回参加で、本日が初回。
月に2回程度、日曜日開催。
つまり、月に2回は土日両日ゼミがあるという状況になります

土曜午前の先輩・同期達とのディスカッションとは違う刺激を受けてきました。
分野的には会計系が主なので、ひげよねにバッチリ合うということでは無い
ですが、もっと大きな視点では通じるところがあるので良い感じです。

それに話を聞いている中で、Mコース時代(+その前)で勉強した内容も
思い出すところがあり、復習しなければ・・・と思ってしまう。
(実際にはなかなか復習できないのですけどね)

その後の懇親の場でも、なかなか楽しく盛り上がることができ、また新たな
気づき、指摘を頂いた。
こうして、人と人の繋がり広がっていくのでしょうね


朝から晩まで

今日は少し早めに学校へ行き、昨日作った妄想資料を配布するために
院生室で印刷などをしてからDメンバー+教授のディスカッションに臨む。

修論の内容と今後の方向性について語る。
K教授から質問を受け、Dコース同期にフォローを貰いながら答える。
他にもDメンバーから質問を受ける。
どちらかというと、修論内容に関することの方が多かったかな。
今後のことに関してはK先生から、『大変だね』っと。。。

昼食後、Aゼミ用資料の改訂+添付資料探しをする。
気が付いたらゼミの時間(4時限目)で慌てて教室へ。
まだA先生は来ていなかった。
待てども来ない。
同期の方とになりつつ待って、30分?遅れでやってきてゼミ開始。
どうやら前の講座が長引いたらしい。

纏めてきた資料に関して、いろいろ背景を調べる必要があることを指摘され、
う~んっとなりながら、『はい。』と答える。
まぁ、調べてみるしかないですから。

続いて5時限目は、今日からまたA先生の手伝いをすることになったので、
先生について別の教室へ。
我が校独特のM1の限られた人数だけの科目。
一昨年、ひげよねも受けているが、年々進歩していて、今年の受講生は
いいなぁと感じてしまう。
ま、その科目を手伝いという形でも受けられるので得かも

終了後の先生の手伝いが終わって、Dコース院生室へ行くと部屋が暗い。
Dコース先輩のMさんが休学されるということでの、であったが、Mさんが
体調不良で普通にになる。
店内を見ると、さすがに『第2院生室』と呼ばれるくらい、院生が多い。
Mコースの人たちが多数。
知った顔も多くあっという間に時間が過ぎた。
その後、Dコース恒例ので一盛り上がりして帰宅。

土曜日は毎週こんな感じになりそうだ。

ディスカッションの準備

昨日書いた研究計画と、修論の報告会で使用した発表資料から、明日の
ディスカッション資料をパワポで作る。
修論の資料は8割程度使用。
この内容だけでも、突っ込まれまくりだと思うけど、それに今年やってみたいと
思っている妄想を加えた資料。

撃沈は必至ですな。

さらに、ゼミで報告する資料も用意。
こちらはWordで1ページ半程度。
これで許してください

「研究」というカテゴリを作ってみた。
今日のこの日記と昨日の日記は「研究」カテゴリにした。
昨年の「修論?に向けて」と同じ位置付け。
一応、”?”はつけないでおく。

さて、どんな研究日記になることやら。
時々、「院生活」と迷うんだよな。。。






昨日(一昨日)に、某芸能人の話題に関連して日記を書いたが、
読み返してみると、なんということを書いているんだ。。。と反省。
業界パニックで大変なのに。
で、消そうかと思ったけれど、自分への叱りもこめて残すことにします。

研究計画

今日はT.A.の手続きのために、昼から学校へ。
 社会人学生がいることを考えれば、平日昼だけの受付だけでなく、
 せめて土曜日の受付もして欲しいところだ。

どうせ学校に来たんだからと、Dコース院生室で今年度の研究計画を
あれこれ考えて、もしかすると補助がもらえるかもしれない申し込み
書類に書き込んでいく。

書いていくうちに、「ホントにそこまで今年度中にできるのかよ?」とか
「妄想だな・・・」と思うようになったが、書いてみないことには始まらない。

書いて、先生達と相談し、どこまで、どういう風に進めるかを考えねば。

今週土曜午前のDコース・ディスカッションの場では、去年の修論内容と
この妄想をぶつけて、思いっきり意見を聞いてみようと思う。
きっとボロボロになるだろうけど。

それでも、去年よりもちゃんと計画を考えている気がするのは何故だろう?

プロフィール

ひげよね

メッセージ

名前
メール
本文
J-CASTニュース
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ