懸崖日記

ひげよねの日記。 断崖のわずかな土に根を張る為にやっていること、考えていること。 大学院へ長期入院していましたが、とうとう退院してしまいました。 これからどうするか…。続けること、新しく始めること。いろいろ模索中。

気楽にコメント下さいな。

2008年06月

格好悪い・・・

BizCom Vol.30 が 6/20に無事発行されました。
編集員としての正式活動での第2号。
今日の授業後に取りに行ったら、11号館前で編集長+副編集長に遭遇。
副編集長が幾つか余分に持っているということで、1部貰う。
 ありがとうございまする>H副編集長


で、帰ってきてから、気付いたこと。。。
写真の中の自分のだらしない姿。。。
なんてことだ。
まぁ、校正中に気付いたとしても、「だらしない姿」は変えられなかったとは
思うのだが(何枚かある写真全て同じ姿のはずだから)、なんだかくやしい。


嫌ぁ~な感じ

体調不良。
急に以前の状態に(近い感じに)戻ったみたい。

少し休めば、復活出来るかなぁと考えて、もう数日が経過。
明日からは、また、きっと動けるだろう。

ふと考えたのだが、職場の配置換えで今は以前よりいい感じで
仕事ができている。
だけど、一点だけ非常に気にしていることがある。
とある方と会わない様に行動している自分がいる。
本来、そういうことは好きではない。というより、嫌いだ。

この嫌いな自分をどう受け入れるかが、頑張りどころか?

疲れ

体調が少しずつよくなった気がして、リハビリ的な復帰から約1ヶ月が
経過した(ことを、今日の通院時に主治医に言われて気付いた)。


そのためなのか、ここ数日の日記でも書いているが、ノリが悪かったりする。
更に、疲れが突然出てきたりする。
先生は、
 「1ヶ月経ったところだし、緊張感も抜け始めて疲れが出る時期かなぁ」
と言う。
え~、緊張感がなくなっちゃダメだよね…と、心の中でつぶやきながら、
「やっぱり、そういうものですか。」と返事をしておく。


ということで、先生的にはまだ様子見の状態らしい。




しかし、疲れていてばかりじゃ、修論?は進まない。
でも、進まないものは進まない
そんなところへ、指導教授から週末のゼミに関する催促メールが…。
なんとなく、でっかい声で「わぁ~」って叫びたくなった。
(実際にやったら、近所迷惑。警察呼ばれちゃうかも)

停止状態

完全に修論?に向けての作業が停止している。
ちょっとどころではない。
立ち止まって、どの方向に進めばいいのかわからない上に、走り方を
思い出そうとしている感じ。


今日、少しは時間があったのに、ノリが悪く、ゼミで輪読している本を
少し読み進めるだけで、講義の時間となってしまった。
今週土曜日には現状報告しなければならないというのに・・・。


今日も「企業分析」の講義には出席したし、この科目をドロップアウトする
気なんか無いが、この3時間で少しは進めることができたのではないか?
という思いも一方で出てくる。
 同期(6期生)の出席率は、確かによくない。


明日、明後日は講義はない。
整理しながらじっくり考える時間を少し用意しよう。



技術革新と経済発展(読んでませんが)

本日は「テクノトレンド1」の授業。
イノベーションモデルから、非線形ダイナミズムの分析に関して
集中して講義された。
 前後(特に後)の歴史的な発展の話も面白かった。


そこで、紹介された本が↓
 「技術革新と経済発展―非線形ダイナミズムの解明」
 弘岡 正明 (著)  日本経済新聞社


技術軌道、開発軌道、普及軌道のS字カーブについて書かれている本。
更に、企業数の推移まで。
やばい、読むべき本かもしれない。
でも、Amazonでは中古しかない。
図書館にあるみたいだから、これは借りるかな。


しかし、書かれている内容が修論?に関わるかどうかはわからない。
いや、全く関係がないということはないだろう。
だからといって、今読むべきかどうかは分からない。


あぁ、修論?の迷子になっているな。
ここのところ、完全に立ち止まっている。

プロフィール

ひげよね

メッセージ

名前
メール
本文
J-CASTニュース
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ