懸崖日記

ひげよねの日記。 断崖のわずかな土に根を張る為にやっていること、考えていること。 大学院へ長期入院していましたが、とうとう退院してしまいました。 これからどうするか…。続けること、新しく始めること。いろいろ模索中。

気楽にコメント下さいな。

2008年04月

えいご

「自分が採用面接者だったとして、就職希望者がもっていたら
 採用したくなる資格」ランキングだそうです。
http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/0804/28/news074.html


1 パソコンに関連する資格・講座
2 英語に関連する資格・講座
3 英語(翻訳・通訳)に関連する資格・講座
4 税に関連する資格・講座
5 簿記の資格・講座
6 システムに関連する資格・講座
7 行政書士・司法書士・公認会計士の資格・講座
8 パソコンクリエイティブに関連する資格・講座
9 ファイナンシャルプランナー関連の資格・講座
10 建築に関連する資格・講座


やっぱり英語が上位に。
その次には、会計or財務という感じでしょうか。


“自分が採用面接者だったとして”なので、企業の採用担当者が
アンケートに答えたわけではないが、大きく外れてもいないだろうな。


英語は特に苦手です。。。
会計・財務も得意ってことはないしなぁ。


苦手克服は、やはり必要かな?

受講の姿勢

自分も少々よくない姿勢のときがあるので、きつくは言えないのだけど。


毎週月曜の講義を受講していると、どうも1名(男子)、気になって仕方ない。
受講の姿勢が明らかによくない。
足を投げ出したような感じ、体は斜め、動く・・・など。


古くからの教室?を使っているので、良く見えるのだな、これが。


見えない場所に移動すればいいのだけど、受講も2、3回目となると
誰がどこに座るかというのが、大体決まってくるから、妙に動きにくい。
 教室に着いたときには、前回の光景をつい忘れてたりするし。


次回は、席を替えてみるかなぁ。。。

創作者の心

ドロシー・L・セイヤーズ の著書に「The Mind of the Maker」というのが
あって、そこでは創作活動を、
 アイデア、実現(インプリメンテーション)、相互作用(インタラクション)
という三段階に分けているらしい。


アイデア
 時間、空間の制約を受けず頭の中で完成した形となる。


実現
 時間、空間の制約を受ける。
 実現したいものが有形のものである場合、物質としての影響も受ける
 ことになるだろう。つまり、使いたい材料では作れないなど。
 制約を受けるということは、アイデアとして生まれたものと同じものを
 実現できる可能性が下がるということだ。


相互作用
 創作が完成するということは、誰かが作られたものを使用して、創作者の
 心と相互に影響しあったときになる。
 ここで、創作者の意図した使い方をするかどうかはわからない。
 意図した使い方をされないことは多々ある。
 まったく使われないことになるかもしれない。


当たり前だけれども、自分の中から外に向かって出て行くほど、意図が
伝わらない可能性が高くなるということだ。
創作・・・つくり出すことだけに限ったことではないな。
実現・相互作用の段階でどのくらい、伝えたい人の心を把握できるか。。。


骨子検討1

今、ゼミでは、
 「考える技術・書く技術 -問題解決力を伸ばすピラミッド原則」
 バーバラ・ミント 著 ダイヤモンド社
を輪読している。


調査研究・修士論文を書く上で、基本となるピラミッド構成を考える為の
参考図書。


まだ、読了していないが、書かれている内容を参考に、ピラミッド構成で
書きたい内容を纏めてみようと、マインドマップのツールを使って書き始めた。


整理できてきたような、どんどん混乱しているような、変な感じ。
しかも、記述した内容を眺めていて、「言いたいことの少なさ」を実感。
 書こうとしていることって、既に他の人が纏めていることばかりでは?
 どこに独自性がある?


それでも、ここで止まるとずっと止まったままになりそうな気がするから、
もう少し書いてみようと思う。


書けたら、エクセルか何かで記述し直して、目次も再度考えて、O教授に
メールで送付してみよう。


前回、今回と先生の反応は、「ひげよねさんは修論」になっている。
調査研究に変えたくなってきている今日この頃なのですが…。

定期更新

池袋までの定期券を継続更新した。
昨年は、週に何日通うと元が取れるとか、計算した覚えがある。
昨年に比べると、今年は履修教科は確実に減るだろう。
それでも、大学に行く回数は逆に増えるかもしれない。
なので、それほどの迷いは無く、定期にした。(通勤じゃなく通学定期だし)


今日はゼミの懇親会。
知った顔ばかりだけど、一緒に飲むのは初めてという人の方が多い。
先生から研究内容に関する突込みがあるかと、少々不安だったが、
その手の話は一切無かった。
今日のところは、飲みの席で、ちょっと話をしたくなかったので、良かった。


さて、明日の授業の資料を読まなければならないのだけど、ちょっと
体調的に無理っぽくなってきた。
明日の朝、頑張れるかな?

livedoor プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文
J-CASTニュース
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ